【Interview】Rakuten Fashion Week Tokyo

この内容は、2020年12月に「Rakuten Fashion Week Tokyo」に掲載された記事になります。

The interview is a repost of an article that originally appeared in 「Rakuten Fashion Week Tokyo」December, 2020. 



藤崎 尚大 Naohiro Fujisaki meanswhile (ミーンズワイル)


TOKYO FASHION AWARD 2020受賞デザイナー

服飾大学卒業後、アパレルメーカーにて経験を積み、2014AW シーズンより独立。
「日常着である以上、服は衣装ではなく道具である」をコンセプトに “meanswhile” を始動。ファッションの持つ表面的で無稽な部分に、道具としての機能を追求したプロダクトを展開する。
2016 新人デザイナーファッション大賞プロ部門において最高位の賞を受 賞。2019年にはTOKYO FASHION AWARD 2020を受賞。
国内は元よりニューヨーク、パリ、香港などの多数のメディアに掲載されるなど今後活躍が期待されるブランドとして注目を集めている。

Naohiro Fujisaki, meanswhile Designer 

TOKYO FASHION AWARD 2020 AWARD WINNER

After graduating from fashion college and gaining experience at various apparel makers, Naohiro created meanswhile in Autumn/Winter of 2014. Based on the concept of “clothing as a tool,” his goal was to address the superficial, nonsensical parts of the fashion industry by developing products that exemplify functionality. In 2016, Naohiro won the highest honour in the pro category of “Tokyo New Designer Fashion Grand Prix.” In 2019, he then won “Tokyo Fashion Award 2020.” Featured not only domestically, his work has been picked up by global media ranging from New York to Paris and Hong Kong, receiving accolades as a brand to watch out for.

__________________________________________

洋服が持つ機能にフォーカスし、アウトドア、ミリタリー、ワークウエアなどの要素をベースにした現代の日常着を提案するmeanswhile。2014年にデザイナーの藤崎尚大氏によって設立された同ブランドは、2015年より海外の合同展に参加し、2016年には新人デザイナーファッション大賞プロ部門を受賞するなど、早くから国内外で注目を集めてきた。今年10月には、TOKYO FASHION AWARD 2020の受賞デザイナーとして、Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 S/Sにて大掛かりなランウェイショーを披露するなど、着実に歩みを進めている藤崎氏を取材した。

 

Drawing inspiration from various fields such as outdoor, military and work wear, meanswhile specializes in functional clothing. Created by designer Naohiro Fujisaki in 2014, the brand began its overseas expansion in 2015. In 2016 after winning the “Tokyo New Designer Fashion Grand Prix” contest, meanswhile continued to gain praise both domestically and internationally. In October of this year, as a winner of “Tokyo Fashion Award 2020,” we follow Naohiro’s journey as he participates in Rakuten Fashion Week Tokyo 2021 S/S with a runway show.



ファッションデザイナーを志したのはいつ頃からですか?

父親が美術の教師をしていた影響もあり、将来は何かしらものをつくる仕事につきたいとずっと思ってきました。ただ、父親と同じ道には進みたくないという反抗心のようなものがあり、高校卒業のタイミングで以前から興味があったファッションの道を選び、大学で服飾を学びました。卒業後はアパレルメーカーで働くようになったのですが、並行して自分が欲しいと思う洋服をつくり始め、それがしっかりとしたものになった時に半ば勢いでブランドを立ち上げました。

 

When did you realize you wanted to become a fashion designer?

It may have been due in part to my father being a fine arts teacher, but I’ve always known I wanted to work in a capacity in which I created things. A part of me did not want to follow in my father’s exact footsteps so when I graduated high school I decided on fashion as that was what I was into at the time. After graduating from fashion college, I worked at an apparel maker while designing what I wanted in my personal time. This was the tepid start of meanswhile.



 

「日常着である以上、服は衣装ではなく道具である」というブランドコンセプトについて詳しく聞かせてください。

もともと僕はアウトドアやスポーツウエアが好きで、洋服の機能面に興味がありました。洋服には、日常の道具としての側面と、衣装としての側面がそれぞれあります。自分が身を置くファッションの世界はこれまで、ヨーロッパを中心にした業界のシステムが流行を生み出し、さも洋服に賞味期限があるかのように、常に新しいものを手に入れることを促してきました。その弊害として、いまファッション業界は大きな壁にぶつかっています。だからこそ、洋服の衣装としての側面をあえて排除し、道具として提案をしていきたいと考えています。

 

Can you tell us more about the brand’s concept of “clothing as a tool?”

 I’ve always loved the outdoors and sports and because of that, was also interested in the functional aspect of clothing, which I see as having two facets. That is, the functional aspect and decorative aspect. The fashion industry has always been centered in Europe, with trends coming and going, forcing us to continuously want more. It is due to this phenomenon that I believe the industry has hit a wall and exactly why I want to rid the clothing I make of all unnecessary decorative aspects and focus on the functional.



業界の現状に対するアンチテーゼが多分に含まれているのですね。

ファッションという言葉に軽薄なイメージを抱く人たちは少なくないと感じていて、それは業界に関わる人たちが長い時間をかけてつくってきたイメージだと思っています。ファッション業界は、先シーズンまでカッコ良いとされていたものが、次のシーズンにいきなりダサいと言われてしまうような世界。アパレルが斜陽産業だと言われる昨今、そのようなことを続けていては新しい人たちが入ってきにくいはずですし、状況をなんとか変えていきたいという思いがあります。

 

Would you say this a reaction to the current state of affairs? 

I think many hear the world “fashion” and think frivolously of it. This is the impression that those who have been working long in this industry have created. What is “cool” one season is “out” the next. Apparel is now seen as a declining industry with high hurdles for those wanting to enter. This is something I would like to change.




服づくりのインスピレーションはどんなところから得ているのですか?

身の回りのあらゆる物事がインスピレーションソースになりますが、特に多いのは自然のものです。あらゆる自然物は、なるべくしてその形になっています。なぜそのような形になったのかということを自分なりに考察していくことで色々な発見があるし、自然の観察を通じて機能が持つ理由について考える癖がついたように思います。

 

Where do you find your inspiration? 

I find it in things all around me however, a large source does come from nature because in nature, everything exists as it should and problems tend to solve themselves. For example, if I am trying to figure out why something is shaped the way it is in the natural world, I can learn a lot by observing and in trying to come to a conclusion, figure out the functional reason for its being. 



洋服が持つ構造や機能を分解、再構築していくようなブランドのクリエーションは、そのような思考から生まれているのですね。

特にメンズファッションには、昔からつくられてきたものを現代に合わせてリプロダクトしていく側面が強いですが、生活様式や移動手段が大きく変わっている現代において、ポケットなどの形が100年前とまったく同じというのはおかしいと思うんです。その時代の生活様式や考え方など人間のスタイルや内面が現れたものがファッションだと思っているので、そうした部分を常に意識しながら、新しいものを探っていきたいと考えています。

 

Clothing in which functionality and structure are analyzed and reconstructed seems to require that kind of thought process.

Yes, especially in menswear in which styles from the past are often reproduced. It doesn’t make sense to exactly recreate a pocket, for example, designed 100 years intended for modern lifestyles. Fashion is a product of a period’s way of living and thinking, meant for people at that particular time.





10月に開催されたブランド初のランウェイショーについても聞かせてください。

当初3月に予定されていたショーが新型コロナの影響で取りやめとなり、10月に改めて開催されることになったという経緯があったので、中止になった秋冬シーズンのコレクションも織り交ぜることにし、2シーズン分のショーをまとめて行うような意識で臨みました。規模感もそれなりのものにしたいという思いがあったため、会場に工事現場をイメージした鉄骨の櫓を組むなど大掛かりなセットをつくり、モデルも50人以上起用しました。ブランド初のランウェイショーだったので、自己紹介という意味でも多くの人に見てほしいという思いがありましたが、一方でソーシャルディスタンスを確保しなければならなかったので、上下段の2層に分けたランウェイをモデルが行き交い、それを櫓の外から見て頂くという演出で折り合いをつけました。

 

Please tell us more about your first runway show this October.

It was originally intended to be held in March, but was cancelled due to the global pandemic. As a result, it also includes pieces of the current Autumn/Winter collection. I wanted the show to have a large sense of scale so took inspiration from construction sites, incorporating metal scaffolding into the set design. There will be over 50 models involved. As it is my first show, there is a part of me that sees this as meanswhile’s introduction to the masses. The runway comprising of 2 levels was also created with social distancing in mind. Allowing models to safely cross each other while moving around as if in a performance.



コロナ禍によって人々の生活様式や価値観が変わりつつある中、これからのファッションはどうなっていくとお考えですか?

もし仮に一切外出ができないような世界が訪れたとしたら、洋服のあり方も変わるかもしれませんが、現時点では判断が難しいところですね。僕個人の話をすると、自粛生活が強いられた時期に、新しいものを生み出すことに果たしてどれだけの意味があるのかと凄く悩みました。そしてその結果、自分がこれまでに取り組んできたことや、これからやろうと考えていたことは間違っていなかったと思えたので、これからも洋服の機能にフォーカスし、同様のコンセプトで服づくりを続けていきたいと考えています。

 

Due to COVID, the lifestyles and values of many are continuing to change. How do you see this affecting the fashion industry?

People’s clothing habits will change if they are not able to go anywhere, but beyond that it is hard to say. Personally, this past while spent at home has allowed me to reflect on what is important to me. It has made me realize that my achievements in the past and what I want for the future are not wrong. I want to continue to focus on the importance of functional clothing.



先日、ブランド初の直営店もオープンしましたが、今後の目標などはありますか?

ブランドを立ち上げる時に、7年くらい先までの大まかな事業計画を立てたのですが、ちょうどいまが7年経ったタイミングなんです。そんな折に生活が激変してしまったこともあり、あまり先のことは考え過ぎないようにしようと思っています。どちらにしろ、もともと自分が目指していたのは、このくらいの売上を達成するとか、いつまでにパリコレに出るといったことではなく、ブランドの哲学を通してお客様の考え方に影響を与えていくこと。それを実現するために、地道に活動を続けていければと考えています。

 

You’ve also recently opened up your first flagship shop. What are your goals for that?

It’s been exactly 7 years since I’ve started my brand. My life has drastically changed since then so I try not to think too much about the future. Rather than set quantifiable goals such as a certain sales figure or to present in Paris Collection, I want to spread meanswhile’s philosophy and in doing so, change the way customers think.





Interview by Yuki Harada
Photography by Yohey Goto

コメントを残す