【INTERVIEW】sakukaru online

この内容は、2020年4月に「sabukaru online」に掲載された記事になります。



This introduction into meanswhile is part of a continuing series that examines functional wear by focusing on the designers and brands that are making an impression on a segment of the fashion industry which prioritizes progressive fabrics and specialized features.

Functional wear is defined by garments that are meant to make everyday life easier. Whether it is through insulation for a cold winter night, breathability on a hot summer day, or water resistance for those times you get caught in the rain on your way to work - no matter the situation, functional wear prioritizes garments that are capable of dealing with the unexpected scenarios that life can throw at us.

今回ご紹介する「meanswhile」は、ファッション業界の中でも先進的な素材や特殊な機能を優先するデザイナーやブランドに焦点を当て、機能服を考察するシリーズの一部です。

機能服とは、日常生活をより快適にするための衣服のことです。寒い冬の夜の保温性、暑い夏の日の透湿性、通勤途中に雨に降られたときの防水性など、どのような状況であっても、機能服は人生が投げかける予期せぬシナリオに対処できるウェアをの事を言います。

 



For functional wear, the value of a design is not found in an idea that merely sounds good on paper, or in a trend that garners more likes on your latest social media post. Instead, functional wear establishes the value of a design based on its integrity, that is, its ability to effectively respond to its intended use. As such, when it comes to functional wear, both the layperson and seasoned enthusiast are guided by the following question: what are the real-world scenarios that this particular garment is meant to serve? In other words, is the garment practical?

機能服の場合、デザインの価値は、紙の上で響くアイデアや、SNSで「いいね!」が増えるようなトレンドには見いだせません。機能服の場合、デザインの価値は、その用途に効果的に対応できるインテグリティ(完全性)にあります。そのため、機能服を選ぶ際には、素人も熟練した愛好家も、この衣服はどのような場面で役に立つのか?つまり、その衣服は実用的かどうか?を大事にしています。





If there is a brand that best demonstrates a mastery in functional wear and design, it is meanswhile. Founded by Naohiro Fujisaki, meanswhile was created in 2014 and has since developed a reputation for utility-heavy garments that balance a forward-looking vision that is both wearable and experimental in its execution.

機能性と洗練されたデザインを最もよく表しているブランドがあるとすれば、それはmeanswhileでしょう。藤崎尚大によって設立されたmeanswhileは、2014年に誕生し、それ以来、ウェアラブルでありながら実験的な検証を伴う未来志向のビジョンとバランスのとれた実用性の高い衣服で評価を高めてきました。




Acclaimed for their technologically driven use of materials, meanswhile blends highly functional outdoor clothing with a Japanese styling that encompasses a range of modern and traditional silhouettes. Naohiro Fujisaki’s approach to design also boldly examines the boundaries of wearability by offering an array of items that integrate progressive qualities such as convertible detailing and maximalist proportions. And when it comes to seasonal roll outs, their unique twist on traditional silhouettes and modern utility comes packed with a variety of colourful textiles and fabric treatments that are venerated by both outdoor enthusiasts and urban commuters alike.

テクノロジーに裏打ちされた素材使いで高い評価を得ているmeanswhileは、高機能なアウトドアウェアと、モダンからトラディショナルまで幅広いシルエットを持つ日本的なスタイリングを融合させたブランドです。また、藤崎尚大のデザインアプローチは、コンバーチブルディティールやマキシマムプロポーションといった先進的な要素を取り入れ、ウェアラビリティの境界線を大胆に検証しています。また、伝統的なシルエットと現代的な実用性に独自の工夫を凝らし、カラフルなテキスタイルやファブリック加工を施したアイテムは、アウトドア派にも都会のコミューター派にも支持されています。


What gives Naohiro Fujisaki a unique position within the industry is that meanswhile is an explicitly concept-driven brand. When exploring meanswhile’s web store or social media accounts, you will come across two concepts that articulate their design philosophy: “clothing as a tool” and “design as a means to an end, not the end itself.” As a series on functional wear, these two mottos caught our attention right away because they not only provide insight into Naohiro Fujisaki’s unique perspective on design, but because they explain why practicality is a sought-after value that defines the spirit of the functional wear community. 

藤崎尚大が業界内でユニークなポジションにいるのは、meanswhileが明確にコンセプトドリブンなブランドであることです。meanswhileのウェブストアやソーシャルメディアのアカウントを見ていると、彼らのデザイン哲学を明確に表す2つのコンセプトに出会うことができます。それは、「道具としての服」と「目的ではなく、手段としてのデザイン」です。機能服のシリーズとして、この2つのモットーは、藤崎尚大のユニークなデザイン観への洞察をもたらすだけでなく、なぜ実用性が機能性ウェアの精神を定義し、求められる価値であるのかを説明するものとして、すぐに我々の注意を引き付けたのです。




The way that the meanswhile concepts demonstrate the functional wear ethos is that “the clothing as a tool” idea indicates that garments should exist in the same way a tool does. Similar to a carpenter’s saw, clothing is meant to improve our interactions with the world by helping us achieve our day-to-day goals, not hinder them. Wherein the idea that “design is a means to an end, not the end itself” suggests that design should not be valued simply for the sake of its aesthetics, but for the function that the design is intended to serve.

Like the design of a tool (which is designed to help accomplish a specific task), the design of garments should be enhanced by the particular demands that we expect to undertake throughout our day.  

meanswhileのコンセプトが機能的なウェアのエトスを示す方法は、「道具としての衣服」の考え方が、衣服は道具と同じように存在すべきであると示していることです。大工のノコギリのように、衣服は日々の目標を達成するのを助けることで、世界との交流を深めるものであり、邪魔をするものではありません。「デザインは目的ではなく手段である」という考え方は、デザインが単に美しさのために評価されるべきではなく、そのデザインが果たすべき機能のために評価されるべきであるということを示唆しています。

道具のデザインと同じように、衣服のデザインも、私たちが一日を通して行うであろう特定の要求によって強化されるべきなのです。






Together, the two meanswhile concepts help illustrate the functional wear movement in an unambiguous manner: the design of garments should be guided by its intended, real-world, practical use. 

With all these thoughts in place, let us take a closer look at some of the meanswhile pieces to see how the principles of functional design manifest in the production of garments.

この2つのコンセプトは、「衣服のデザインは、実際の使用目的によって導かれるべきである」という機能服のムーブメントを明確に表現しています。

それでは、機能的なデザインの原則が衣服の生産にどのように反映されているのか、「meanswhile」の作品を詳しく見ていきましょう。






When it comes to the use of technical and progressive materials, the meanswhile autumn and winter 2018 collection has countless examples. For this collection, Naohiro Fujisaki made use of modern utilitarian fabrics such as Ventile cotton and X-PAC canvas. The X-PAC canvas is a lightweight, high tear strength resistance cotton that minimizes the overall weight of the textile, whereas the Ventile cotton is a waterproof fabric that provides high breathability. An item that best demonstrates the use of these textiles is the X-PAC luggage vest.

By using these materials, the vest comes equipped to take on various scenarios like heavy rain or unexpected impact from scraping against external surfaces. Additionally, the vest has large-capacity pockets that were designed in a way to function like a bag that can be accessed from the front. These progressive materials were showcased in a range of offerings that included trousers, jackets, button-downs, and back packs.

テクニカルで先進的な素材の使用に関して、meanswhileの2018年秋冬コレクションには数え切れないほどの事例があります。今回のコレクションで藤崎尚大が活用したのは、ベンタイル・コットンやX-PACキャンバスといったモダンな実用素材だ。X-PACキャンバスは軽量で引き裂き強度に強いコットンで、テキスタイル全体の重量を最小限に抑え、ベンタイル・コットンは高い透湿性を持つ防水素材である。これらのテキスタイルを使用した代表的なアイテムがX-PACラゲッジベストです。

これらの素材を使用することで、豪雨や外壁との擦れによる不意の衝撃など、様々なシーンに対応できるような装備になっています。また、大容量のポケットを備え、前面からアクセスできるバッグのようにデザインされています。これらの先進的な素材は、パンツ、ジャケット、ボタンダウン、バックパックなど、さまざまな商品で紹介されました。




meanswhile 2018 AW Collection from meanswhile on Vimeo.

 




Functional wear is not something that is solely defined by the materials a garment is made from but is also a feature that is implemented at the level of design. A standout example of this is the Solotex reversible 4-way jacket from the spring and summer 2018 collection. In terms of the materials, the 4-way jacket makes use of Solotex and MVS yarn. Solotex is a soft, stretchy texture with gentle cushioning that has a spring-like structure to make textile products more comfortable to wear, whereas the MVS yarn is specially designed to absorb water quickly, suppress pilling, and resist wrinkles. Additionally, unlike a typical 2-way reversible jacket, the 4-way jacket is akin to origami because it can be worn in four different styles by turning it over from the hem in specific ways. This design feature is not only remarkable from a design perspective, but it is also extremely practical because there are four different styles that are packed into one jacket. This level of versatility is unfounded in a single garment and is definitely something that will come in handy for travel situations that require as little luggage as possible.

機能服は、衣服の素材だけで決まるものではなく、デザインレベルで実装される事もあります。その顕著な例が、2018年春夏コレクションの「ソロテックス リバーシブル4WAYジャケット」です。素材面では、この4wayジャケットはソロテックスとMVS糸を利用しています。ソロテックスは、繊維製品の着心地を良くするためにバネのような構造を持ち、緩やかなクッション性を持つソフトでストレッチ性のある風合いですが、MVS糸は吸水速乾、ピリング抑制、シワになりにくいという特殊な構造になっています。また、一般的な2WAYリバーシブルジャケットとは異なり、裾から特定の方法で裏返すことで4通りの着こなしができる、折り紙のような4WAYジャケットを開発しました。このデザイン性は、デザイン的に優れているだけでなく、1枚のジャケットに4つのスタイルが詰まっているため、非常に実用的でもあります。1着でこれだけの汎用性があるのは、できるだけ荷物を少なくしたい旅行シーンでは重宝すること間違いなしです。




Following a tour of the meanswhile headquarters in Tokyo, we were given the opportunity to ask Naohiro Fujisaki a few questions. Our interview covers everything from his humble beginnings as a student, the creative process, and his take on the future of the fashion industry. Read the full interview below to learn more about meanswhile and Naohiro Fujisaki’s rise to the top.

東京のmeanswhile本社を見学した後、藤崎尚大さんに質問をする機会を得ました。インタビューでは、学生時代からクリエイティブなプロセス、そしてファッション業界の未来についてまで、幅広く語っていただきました。meanswhileと藤崎尚大の軌跡について、詳しくは以下のインタビュー記事をご覧ください。

DEAR NAOHIRO FUJISAKI, CAN YOU PLEASE TELL US ABOUT YOUR BEGINNINGS? WHAT DREW YOU TO DESIGN AND FASHION?

In high school I used to remake clothes I found at vintage shops, as well as my parents’ clothing. That was probably the start, but I didn’t seriously consider design until I entered fashion college.

あなたの原点について教えてください。デザインやファッションに興味を持ったきっかけは何ですか?

高校生の頃、古着屋で見つけた洋服や、親の洋服をリメイクしていました。それがきっかけだったのかもしれませんが、デザインを本格的に意識したのは服飾の専門学校に入学してからです。

 

 



WHAT WERE YOU DOING BEFORE YOU FOUNDED THE BRAND, WHAT IS YOUR STORY LEADING UP TO THE CREATION OF YOUR BRAND? 

After graduating from college, I found work at a collection brand where I got my start in various assistant positions such as production and pattern making. I then moved on to street brands, and experienced working in smaller start-ups as well. During this period, I began working on a backpack design in my spare time and it was when I completed it that I decided to start my own brand. This entire process took three years and countless revisions until I arrived at a product that I was satisfied with.

ブランドを立ち上げる前はどのようなことをされていたのですか?

大学を卒業後、コレクションブランドに就職し、生産やパターンメイキングなど、さまざまなアシスタント業務を経験しました。その後、ストリートブランドに転職し、新規ブランドの立ち上げなども経験しました。この間、空いた時間にバックパックのデザインに取り組み、それが完成した時にブランドを立ち上げることを決意しました。納得のいくものができるまで、3年の歳月と数え切れないほどの修正を繰り返しました。






WHAT WERE YOUR INSPIRATIONS TO BECOME A DESIGNER? AND WHERE DOES THE NAME MEANSWHILE COME FROM? 

Honestly, I never had aspirations to become a designer. I just always enjoyed making things and thought it would be great if I could turn that interest into a career. My father was a visual artist so seeing him, I thought that I would naturally do something similar.  

As for the brand name, “mean” equals “意味” in Japanese, a concept I want all the products I create to have. “Means” comes from the word “手段,” a method or way of doing something where design is not an end goal, but a process. These two notions are not something that is often considered of value in the fashion industry where many just aim to become “mainstream.” When I entered this industry, I wanted my merits to be based on my own philosophy and that’s how “meanswhile” came about. 

デザイナーになろうと思ったきっかけは?また、meanswhileという社名の由来は?

正直なところ、デザイナーになろうと思ったことはありません。ただ、ものづくりが好きで、それを仕事にできたらいいなと思っただけです。父が美術作家だったので、その姿を見て自分も自然と同じようなことをするようになったんだと思います。

ブランド名の「mean」は、日本語の「意味」に相当し、私が作るすべての製品に意味を持たせたいと考えています。「手段 "は "means "から来ていて、デザインが最終目的ではなく、プロセスであることを意味します。上記2つの考え方は現代のファッション業界にはあまり見られない考え方でした。ファッションの市場で勝負をすると決めた以上、メインストリームとなるのは従来のファッション業界です。そことは少し違う方法論で勝負をしたいという思いから、「一方、所変わって」という意味の“Meanwhile”という単語と上記二つの単語を合わせた造語にしました。






DID YOU STUDY DESIGN? IF SO, WERE UTILITARIAN THEMES COMMON WHEN YOU BECAME INTERESTED IN PURSUING A CAREER IN THE FASHION INDUSTRY?

I studied clothing design in college. As I was entering, my father told me one thing which was “to observe the natural world.” In nature, all forms are the result of a purpose and exist as they are for a specific reason. Thanks to these words, I began to approach design from various aspects of our daily routines and lives. 

During this time, utilitarian brands already existed. I was a fan of many and upon further research, I discovered that there were quite a few. I can’t say if this was the result of it being trendy to do so, but the prevalence of this theme would not continue to exist if it was just another fashion trend. 

デザインを学ばれたのですか?もしそうなら、ファッション業界でキャリアを積むことに興味を持ったとき、機能性というテーマは一般的だったのでしょうか?

洋服のデザインは大学で勉強しました。大学に入学する時に父親から一言だけ、「自然のものをよく観察する様に」と言われました。自然のものには、成る可くして成った形がある。全てに意味があって形を成している。この一言のお陰で日常生活の様々なことから、デザインというものについて勉強する癖がついたと思っています。

当時から機能的なブランドは沢山ありました。そういうブランドが好きだったので、色々調べていたから沢山あった様に感じるだけかもしれませんが。

それらのブランド全てに言えることは、「流行っているから」という理由で機能的なブランドをやっている訳ではなかった事です。流行りに乗ってやっていたブランドは今は残ってないのではないでしょうか。

 

CAN YOU TALK ABOUT YOUR EMPHASIS ON PRACTICAL, FUNCTIONAL, AND UTILITARIAN CLOTHING? WHAT DO THESE WORDS MEAN TO YOU AND OUR DESIGN-WORK? 

Functionality is 100% the essence of design. For a person in any design field, this is the most basic foundation. However, in regard to fashion, this is not always the case. I find that if I stick to the meaning of what true design is, the functional/practical aspects of what I am creating naturally presents itself. With meanswhile, I like to not only emphasize this point, but find balance in presenting it in ways that may not be obvious to the eye.


実用的、機能的な衣服に重点を置いていることについて教えてください。また、このブランドコンセプトは、あなたや私たちのデザイン活動にとってどのような意味を持つのでしょうか?

本来デザインには100%機能が付随する。これはデザインに関わる人には基礎の基礎ですが、ファッションデザイナーにはあまりこういった考えは見受けられません。

デザインの基礎に沿って考えると自然とファンクショナルや機能的な面が重要になってきます。

meanswhileでは、その機能的な面を強調する時と、表からは一見わからない様に内包する時があり、そのバランスを大事にしています。



YOUR DESIGNS ARE NOTHING SHORT OF ATTENTION-GRABBING. WHAT ARE SOME OF THE DESIGN INSPIRATIONS FOR YOUR WORK?

Thank you! I often find inspiration from daily life. This answer ties back to my point a few questions earlier, but I also often look to nature. For example, take a plant with differently growing leaves. While I know this is because of its sun intake, thoughts such as “why?” and “how?” allow me to probe into why things exist the way they do - which is an important part of the creative process for me. Of course, I do also take inspiration from architecture and product design, and other man-made objects.

あなたのデザインは、注目を集めるものばかりです。デザインのインスピレーションはどのようなものですか?

ありがとうございます。日常生活からインスピレーションを得ることが多いですね。先ほどの質問とも重なりますが、自然からインスピレーションを得ることもよくあります。例えば植物が成長する過程で、葉が互い違いに生えてくる。これは日光をより多く浴びるためですが、そういうなぜ?どうして?という疑問を探ることが、何かを作る時の閃きと結びつくことが多々あります。もちろん、建築やプロダクトデザインなど、人工的なものからもインスピレーションを受けることも沢山あります。



UPON DOING RESEARCH, WE FOUND THE CONCEPTS “CLOTHING AS A TOOL” AND “DESIGN AS A MEANS TO AN END, NOT THE END ITSELF” REALLY THOUGHT-PROVOKING. AS A DESIGNER, WHAT LED TO THIS UNIQUE TAKE ON CLOTHING? 

I see clothing being divided into two categories, daily wear and costume. As a college student, I designed wedding dresses and even placed number 1 in Japan at a design competition. For females, wedding dresses are something worn on a very special day and what I consider costume. For a long time, I only thought about clothing worn on these occasions and as a result, I began to think about daily wear, and how it should be utilized as a tool. This is how the brand concept came about. Having experienced designing from two different spectrums, I find I can approach the idea of “clothing as a tool” from a unique perspective.  

調べてみると、「道具としての服」「デザインは目的ではなく手段である」というコンセプトがあり、とても考えさせられるものがありました。デザイナーとして、このようなユニークな服の捉え方をするようになったきっかけは何だったのでしょうか。

私は、洋服を日用品と衣装という2つのカテゴリーに分けて考えています。私は大学生の頃、ウェディングドレスをデザインし、デザインコンペで日本一になったこともあります。女性にとってウェディングドレスは特別な日に着るものであり、衣装だと考えています。長い間、その特別な日に着る服の事しか考えていなかったので、普段着はどうあるべきか、日用品(道具)としてどう活用すべきかを考えるようになりました。それが、このブランドのコンセプトです。2つの分野のデザインを経験したことで、「道具としての服」という考え方に独自の視点でアプローチできるようになったのです。

MANY OF THE DESIGN CHOICES AND SILHOUETTES RELEASED FROM MEANSWHILE PRESENT THEMSELVES AS A PERFECT EXAMPLE OF THE WAY IN WHICH YOU CAN BALANCE THE TRADITIONAL WITH THE CONTEMPORARY. WHAT IS IT ABOUT MEANSWHILE THAT IS ABLE TO ACHIEVE THIS HARMONY?

This harmony is very important. For example, when it comes to design details, there are many designers who take inspiration from second hand and vintage clothing. I am guilty of this as well. However, to simply reproduce the details from clothing for modern day from say, 100 years ago, is the equivalent of cosplay. There are details found in clothing from 100 years ago that were designed to accommodate how people lived back then. What we carry now and how we travel has completely changed in the present day and to design for that will result in a different look. In my work, I try to infuse new functionalities and purpose into traditional details in order to make it relevant to the present.

meanswhileから発表される多くのデザインの選択肢やシルエットは、トラディショナルとコンテンポラリーのバランスをとるための完璧な例と言えるでしょう。この調和を実現するために、meanswhileはどのようなことを行っているのでしょうか?

そのバランスがとても大切なのです。例えば、デザインのディティールに関して言えば、古着やヴィンテージからインスピレーションを受けるデザイナーはたくさんいます。私もその一人です。しかし、100年前の洋服のディテールをそのまま現代に再現するのは、コスプレに等しいと思います。100年前の洋服には、当時の生活様式に合わせて作られたディティールがあります。現代は持ち物も移動手段も全く変わっているので、それに合わせてデザインすると、また違った見た目になります。私の作品では、伝統的なディティールに新しい機能性や目的を吹き込むことで、現代に即したものになるよう心がけています。





THE BRANDS YOU COLLABORATE WITH SUCH AS MASTER-PIECE, KIDS LOVE GAITE, DANNER, AND LESS TAIWAN ALL SEEM TO SHARE A VISION THAT ALIGNS WITH YOURS. IS THERE ANYTHING SPECIFIC YOU LOOK FOR WHEN IT COMES TO DECIDING ON COLLABORATIONS?

When deciding on collaborations, I do not necessarily look for brands who share the same vision. Instead, I consider what new (different) values they hold. We’ve been able to create many interesting things by applying the meanswhile design philosophy to our collaborations without obscuring their identity, and this is something I would like to continue doing in the future. 

master-piece, KIDS LOVE GAITE, Dannerと Less Taiwan、今まで行ってきたコラボレーションは全てmeanswhileと似た価値観を持っていますが、コラボレーションを決める際に大事にしている事はありますか?

コラボレーションを決定する際、私は必ずしも同じビジョンを持つブランドを探しているわけではありません。むしろ、新しい(異なる)価値観を持っているかどうかを検討します。これまで、meanswhileのデザイン哲学をコラボレーションに適用することで、そのアイデンティティを曖昧にすることなく、面白いものをたくさん作ることができましたし、今後もそうしていきたいと思っています。



MEANSWHILE IS A BRAND THAT SEEMS TO RESONATE WITH OUTDOOR ENTHUSIASTS AND URBAN COMMUTERS ALIKE. WHAT IS IT ABOUT YOUR DESIGNS THAT IS ABLE TO BRING TOGETHER THESE DISPARATE GROUPS OF PEOPLE THAT LEAD LIVES THAT ARE CONTRARY IN CERTAIN WAYS?

Our concept of “tools” was initially quick to catch on with those who liked the outdoors, while the popularity of outdoor functionality had already found its place in city life. From this, outdoor clothing evolved to cater to a more style-conscious crowd, blurring the line between “outdoor” and “urban.” I think our success can be largely attributed to a market that was ready to accept these new boundaries.

meanswhileは、アウトドア派にも都会派にも愛されているブランドだと思います。このように、ある意味で相反する生活を送る異質な人たちを結びつけることができる要因は、あなたのデザインのどこにあるのでしょうか?

私たちの「道具」というコンセプトは、当初、アウトドアが好きな人たちの間でいち早く受け入れられましたが、一方で、アウトドア機能の人気は、すでに都市生活者の中に定着していたのです。そこから、アウトドアウェアはよりスタイルにこだわる人たちに向けて進化し、"アウトドア "と "アーバン "の境界を曖昧にしました。私たちの成功は、この新しい境界線を受け入れる準備ができていたマーケットに大きく起因していると思います。


IS BRINGING PEOPLE TOGETHER THROUGH A COMMON INTEREST INTENTIONAL FOR YOUR BRAND, OR WOULD YOU SAY IT IS AN UNINTENDED BY-PRODUCT OF DESIGN DONE RIGHT? 

It is not intentional, but I am happy that is the case. Regardless of genre or category, I believe clothing should be something that imbues new values onto its wearer, and design with this goal in mind. As it is not rare for those in the city to have outdoor hobbies as well, the act of selecting clothes to accommodate a variety of lifestyles is something I hope becomes more commonplace.

 

共通の趣味趣向で人々を結びつけることは、ブランドにとって意図的なことなのでしょうか?それとも、デザインが正しく行われたことによる意図しない副産物と言えるのでしょうか?

意図的な事ではありませんが、そうなっていくことは嬉しいです。

ただし、私が目標としている事はジャンルやカテゴリーに限らず、洋服というものについて、人々に新しい価値観を与える事です。

都会ではアウトドアを趣味にする人も少なくないので、さまざまなライフスタイルに合わせて服を選ぶという行為が、もっと当たり前になればいいと思っています。 



IS THERE A SPECIFIC SEASON OR ARTICLE OF CLOTHING THAT YOU WOULD SAY HIGHLIGHTS YOUR WORK, OR SOMETHING YOU LOVE TO LOOK BACK AT? 

There is quite a bit I am proud of, such as winning the “Tokyo New Designer Fashion Grand Prix” and “Tokyo Fashion Award.” My promotional collaboration with Nike also comes to mind.

自分にとって印象的なシーズンや特別なプロダクトはありますか?

“TOKYO新人デザイナーファッション大賞 "や “TOKYO FASHION “AWARD"の受賞など、誇れるものはかなりあります。ナイキとのコラボレーションも印象深いです。



WHAT ARE YOUR HIGHLIGHTS FROM THE CURRENT SS20 COLLECTION AND WHAT CAN WE EXPECT FROM THE UPCOMING SEASON?

There are many pieces, but I would say our Danner collaboration boots, as well as the anorak. With every season, we do make small updates to it and it has become a standard item in our collection.

今回のコレクションのハイライトと、次シーズンの展望をお聞かせください。

たくさんありますが、ダナーとのコラボブーツと、アノラックジャケットがおすすめです。シーズンごとに少しずつアップデートしており、今では定番アイテムとなっています。



MOST OF THE STORES YOU’RE STOCKED IN IS WITHIN ASIA, CAN THE WESTERN WORLD EXPECT TO EXPERIENCE YOUR WORLD ANYTIME SOON? 

I’m not sure if it is due to geography, but Asian shops were quick to show interest in us. As early as our second season, I received inquiries from stores in places such Taiwan, Hong Kong and Korea - many of whom are still carrying us to this date. There have been bumps in the road, but I believe these long standing relationships have had great positive effects on our growth. Although we do have some dealers in Europe, we do not have a presence in North America yet. I see this as our next challenge. 

あなたの商品が置かれている店舗のほとんどはアジアにありますが、欧米でもすぐにあなたの世界を体験できるのでしょうか?

地理的な理由なのか、アジアのショップはいち早く私たちに興味を示してくれました。2シーズン目には早くも台湾、香港、韓国などのショップから問い合わせがあり、現在も多くのショップで取り扱われています。紆余曲折はありましたが、こうした長いお付き合いは、私たちの成長に大きなプラスになったと思います。ヨーロッパにはディーラーがありますが、北米にはまだ進出していません。これが私たちの次の課題だと考えています。




YOU RECENTLY WORKED WITH NIKE AND HYPEBEAST, WHAT WAS THIS PROJECT ABOUT, AND WILL WE EVER SEE A RELEASE?

When I was first approached with this project by Hypebeast’s director, I couldn’t believe it.  It was a great experience to work with a brand that had such global reach. I was given full agency to create what I wanted and decided on producing something that could be looked at more like a work of art instead of merchandise. As a result, the cost to produce the entire outfit was 10 times that of what it would have been in our normal collection.

最近、ナイキとハイプビーストと仕事をしましたが、このプロジェクトはどのようなものだったのでしょうか?

最初にHypebeastのディレクターからこのプロジェクトの話をもらったときは信じられませんでした。 これほどグローバルに展開するブランドと一緒に仕事ができる事はとてもいい経験でした。なんでも自分の好きなものを作っていいと言われ、商品というよりアート作品のようなものを作ることにしました。その結果、衣装全体の制作費は、通常のコレクションの10倍にもなりました。




NIKE × meanswhile × HYPEBEAST from meanswhile on Vimeo.


The purpose of the project was to create something based on the Air Max shoe in order to commemorate Nike Air Max Day. As we all know, what makes the shoe special is not that there is air inside, but the idea to reveal its inner technology by making it visible to the wearer. I applied this concept to aspects that make meanswhile’s pieces functional - such as cords, tapes, reflectors, etc. While these parts make up the framework of our clothing, they usually remain hidden. By adding clear watch windows to the jacket, I was able to showcase their importance. I have considered releasing it; however, the price would be astounding…

NIKEエアーマックスデイを記念したコラボだったので、エアーマックスをテーマにデザインしました。

この靴の一番の特徴は、空気が入っていることではなく、空気を透明のウィンドウで“可視化”したデザインにあると考えました。

そこでmeanswhileの特徴である機能性を可視化することをコンセプトに製作しました。

コードやテープ、リフレクターの付け方など、普段は見せない洋服の構造の部分をウォッチウィンドウのパーツを使い、敢えて見せたデザインになっています。

販売は検討していますがまだ未定です。1着の値段がすごいことになってしまうので…



IN A RECENT INTERVIEW, YOU WERE ASKED ABOUT HOW MEANSWHILE WAS AFFECTED BY THE CORONAVIRUS CRISIS. IN IT, YOU STATED THAT “EVEN BEFORE THIS ALL OCCURRED, THE FASHION INDUSTRY HAD ALREADY REACHED A POINT IN WHICH CHANGE WAS NEEDED…” WHAT CHANGE DO YOU THINK WAS NEEDED IN THE FASHION INDUSTRY?

The current industry has been built on applying “best by” dates on clothing in terms of trends, with brands being forced to push out new collections every 6 months. There is nothing wrong in creating new things, however, there is nothing good about unnecessary mass-produced items that end up being thrown out in mass as well. As a consumer, we should not feel forced to purchase because of trends, but because the lifestyle we lead calls for it. I believe it is these lifestyle choices that shape our style and make it unique. While I do create, that doesn’t necessarily mean my aim is to make as many sales as possible. I hope to spread my ideas and philosophy, and through that, spark conversation about how this industry operates.

最近のインタビューで、コロナウイルス問題でmeanswhileがどのような影響を受けたかについて質問されましたね。その中で、あなたは「このような事態が起こる前から、ファッション業界はすでに変化が必要な段階に達していた...」と述べています。ファッション業界にはどのような変化が必要だったとお考えですか?

現在のファッション業界は、すぐに腐ることのない洋服に流行という消費期限を付け、半年に一回新作を買ってもらうことで成長してきました。新しいものを作ることは悪いことではありませんが、不必要に大量生産されたものが大量に捨てられてしまうのも良いことではありません。消費者としては、流行に左右されることなく、自分のライフスタイルにあったものを購入することが大切です。そのようなライフスタイルの選択が、私たちの個性を形成し、ユニークなものにするのだと思います。私はモノづくりをしていますが、必ずしもたくさん売ることが目的ではありません。meanswhileの考えや哲学を伝え、それを通じてファッションのあり方について考えるきっかけになればと思います。



 

CAN YOU TELL US ANYTHING SPECIFIC ABOUT HOW IT IS THE FASHION INDUSTRY REACHED A POINT WHERE CHANGES NEEDED TO BE MADE?

This overlaps with my previous answer but I believe change has to start from those already in the industry. In Japan, the word “sustainable” has taken root but it is not something that is seriously considered. Utilizing sustainable fabrics, starting an eco-friendly brand etc., this is all just done to ultimately sell more. I don’t see the value in producing just to sell.  It is funny that the notion of “humans as a race have to continue to live on this earth” has been utilized as a trend to push consumption.  While sustainability wasn’t widespread when I started my brand, I do hope that my ideology of “clothing as a tool” can spread and help to alleviate some of the issues in the world.

ファッション業界がどのように変化を必要としているのか、具体的に教えてください。

先ほどの回答と重複しますが、ファッションに関わる人の価値観から変えていかないといけないと考えています。日本でもサステナブルという言葉は定着していますが、その本質について考えている人は多くありません。サステナブルな素材を使う、エコなブランドを立ち上げるなど、結局は売る事が最大の目標になっています。売るためだけに生産することに価値があるとは思えません。 今後人類が地球上で生きていくための命題を、また流行として消費しようとしている。そうではなく、その考え方を根付かせていかないといけない。 私がブランドを始めた頃はサステナビリティというワードは浸透していませんでしたが、私の「道具としての服」という思想が広まり、世の中の問題の軽減につながればと願っています。


WHAT DOES THE FUTURE OF FASHION LOOK LIKE TO YOU? WHERE ARE WE HEADING AND HOW DO YOU PLAN TO POSITION MEANSWHILE IN THE NEXT FEW YEARS?

I have no idea what the future holds. Whether fashion goes the way of traditional art, becomes a past-time for a just a small group of people, or takes on a completely different form, I can’t say. As in the past, I do believe that fashion is a product of the times and the people who were there. meanswhile is a brand based on this concept as well. The starting point of many brands has been a reaction to the present situation, and as the times change, I think we will find that our roles and function will also change. It is my hope that meanswhile can adapt to whatever is to come. As a designer, I do want to continue for the rest of my life, even if I am working in a different capacity.

 

あなたにとって、ファッションの未来はどのようなものでしょうか?また、今後数年間でどのような位置づけになるのでしょうか?

未来についてはわかりません。ファッションが伝統芸能の様になり、極一部の人の娯楽になるのか、全く違った形となり大衆と交わるのか、想像がつきません。

どんな物事にも、歴史とそれに沿った文脈があります。その時代に、その場所に居たからこそ生まれたもの、meanswhileもそういう考え方で作ったブランドです。

今のファッションの現状への問題提起がブランドの出発点だったので、時代が大きく変わればブランドの役目は終わり、次の文脈に繋がっていけば良いかなと思っています。

ただし、デザインは一生続けていきたいと思っているので、また別の形として、その時代に対しての創作活動をしていくと思います。


IF THERE ARE ANY STUDENTS OF DESIGN WHO ARE READING THIS ARTICLE, IS THERE ANY ADVICE YOU WOULD LIKE TO SHARE WITH THEM?

This is a difficult question, but I would say first you should decide whether you want to be an artist or a designer. You should embrace the doubt and discomfort you feel around you and decide whether you want to somehow express that or try to solve it. The world is evolving at a fast pace and young people are great at handling these changes. When I think about what great creations are to come in the future, I can’t help but be excited.

もし、この記事を読んでいるデザイン学科の学生がいたら、何かアドバイスはありますか?

これは難しい質問ですが、まず自分がアーティストになりたいのか、デザイナーになりたいのか、明確にした方が良いと思います。日々の生活の中で感じた疑問や違和感を受け入れて、それをどうにかして表現したいのか、解決したいのかを決めるといいと思います。凄まじいスピードで世の中が変化している今、その変化により柔軟に対応できるのは若い人たちです。これからどんな素晴らしいクリエイションが生まれるのかと思うと、ワクワクせずにはいられません。

THANK YOU A LOT FOR YOUR TIME

The forward thinking nature of meanswhile’s implementation of functionality brings us back to the basics in an enlightening, yet simplistic manner: clothes have a purpose. This is important to think about in two ways. First, Naohiro Fujisaki's take on design is an asset to the industry because it outlines the way in which clothing can make life easier. Instead of working against the elements, meanswhile’s designs allow us to work alongside the environment in an effective and reliable manner - that is, by enabling us to overcome the various predicaments that life will throw at us. Secondly, if we take a step back and think about the reason for clothing, that is, the purpose of a particular garment that we are interested in, then we might be able to make consumer decisions that are consciously informed. And in a world that is rife with ceaseless mass-market demands, fostering ways to develop more careful choices may be an effective ground-up solution to the fashion industry’s lethargic development of greener practices and infrastructure. This, in turn, shows us how Naohiro Fujisaki and meanswhile epitomizes the significance and necessity of functional wear: clothing, through the lens of function, can play an important role in our own lives and for the movement towards progress. 

meanswhileの先進的な機能性に対するアプローチは、啓発的かつシンプルな方法で私たちを基本に立ち返らせます。このことは、2つの意味で重要です。一つは、藤崎尚大のデザインに対する考え方は、衣服が生活をより快適にするための方法を示しており、この業界にとって重要な資産となっています。つまり、人生におけるさまざまな問題を乗り越えることができるようになるのです。第二に、もし私たちが一歩下がって、服を着る理由、つまり、私たちが興味を持っている特定の服の目的について考えるなら、意識的に情報に基づいた消費者として意思決定をすることができるかもしれません。そして、絶え間ない大衆的な要求に溢れている世界において、より慎重な選択をする方法を育むことは、環境に優しい習慣やインフラの整備が遅れているファッション業界に対する有効な解決策となるかもしれないのです。そして、藤崎尚大とmeanswhileは、機能的な衣服の意義と必要性を象徴しているのです。

 

ABOUT THE AUTHOR

Raffi Aintablian is based in Toronto and received his master’s degree in philosophy. He is in the midst of applying to a postgraduate degree in clinical psychology, but whenever his head isn’t buried in books on the philosophy of mind, psychiatry, and the nature of consciousness, he’s always following up on various happenings in design, politics, and film.

コメントを残す