【INTERVIEW】eye_C Magazine

“Beauty,” as the old saying goes, “is in the eye of the beholder.” 

What’s that to say about utility?

In our language and our lives, function is treated as a genetic trait: an objective quality born unto a creation, not something to be assessed. A 4x4 is unquestionably practical. A rain jacket is full of use. And yet, on a sunny Sunday cruise, it’s the “impractical” things - an agile convertible, a light linen shirt - that prove the most capable. 

Is it function that’s left to the beholder’s eyes? Or is something else at hand?

For AW21, Tokyo-based meanswhile explores the dance between beauty and utility by digging into yet another old saying. The collection, titled “Form Follows Function / Function Follows Form,” explores the belief that new values can be found in existing concepts, similar to how the first human ancestors turned only some rock shapes into tools. 

In doing so, the brand challenges the very essence of technical clothing design.

美は見る人の目の中にある "と昔から言われています。

では、実用性についてはどうでしょうか。

私たちの言葉や生活の中では、機能は遺伝的特性として扱われ、評価されるべきものではなく、創造物に備わった客観的な性質です。4WDは間違いなく実用的です。レインジャケットには使い道がたくさんあります。しかし、晴れた日曜日のクルーズでは、軽快なオープンカーや薄手のリネンシャツなど、“実用的でない”ものこそが、最も有能であることを証明してくれるのです。

見る人の目に委ねられているのは、機能なのでしょうか。それとも、何か別のものが手元にあるのでしょうか?

東京を拠点とするmeanwhileは、AW21で、またもや古いことわざを掘り起こし、美しさと実用性の間の可能性を探りました。「Form Follows Function / Function Follows Form」と題されたこのコレクションは、人類最初の祖先が石の形状をヒントに道具に変えたように、既存の概念に新しい価値を見出すことができるという信念を追求したものです。

そして、テクニカルクロージングデザインの本質に挑戦しています。


Function Dictates Form

“It was American architect Louis Henry Sullivan who coined the phrase ‘form follows function,’

and as a designer, this phrase has always been foundational inside my head,” says Naohiro Fujisaki, Creative Director of meanswhile. “It wasn’t until recently that I considered what the opposite, “function follows form” may entail and I began to think about it under the context of our concept.”

The concept in question is the label’s founding ethos. meanswhile came to life in 2014 to explore an idea Sullivan would have likely found dear: “clothing as a tool.” 

Like many in the technical apparel world, Fujisaki’s interest in functional design began with time spent outdoors. “That was probably the start of my interest in equipment and gear,” he tells. “I enjoyed looking into how things were made and often wondered ‘why is this part this particular shape?’ and ‘why was this fabric used?’”

機能が形を決める

アメリカの建築家ルイス・ヘンリー・サリバンによる「形態は機能に従う」という言葉。

「デザイナーとして、この言葉は常に私の頭の中にありました」とmeanswhileのクリエイティブディレクター、藤崎尚大は言います。「その逆の "function follows form "とは何か、私たちのコンセプトに即して考えてみました。」

そのコンセプトとは、このレーベルの設立理念です。meanswhileは2014年、"道具としての服 "を探求するために生まれました。サリバンが大切にしていたであろう哲学にも通じる考え方です。

テクニカルアパレル界の多くの人々と同様、藤崎の機能的デザインへの興味は、屋外で過ごす時間から始まりました。「おそらく、それが機材やギアに興味を持つきっかけになったのでしょう」と彼は語る。「なぜこのパーツはこの形なのか」「なぜこの生地が使われているのか」と、モノの成り立ちを調べるのが好きだったんです。」



Although he would go on to attend fashion college, he credits his love of the outdoors for setting him on that path. “I’ve always liked fashion, but more than that, my initial desire was just to ‘create.’ I was looking for an avenue in which I could combine my knowledge and past experiences with the outdoors and because I was particularly interested in clothing at the time, I decided that would be it.”

Formal studies exposed Fujisaki to new perspectives on design. Clothing, once defined by its utility, began to appear more as an art form. “I thought about the role that it plays and whether I should create things that stand out,” he recounts. “As a fashion student, the first thing I created from scratch outside of the classroom was a wedding dress.”

(A purpose-built garment, if one ever was.)

Technical background percolating with fashion sensibilities, Fujisaki became interested in how these two fields interplayed: “It was during this time that I came up with meanswhile’s concept of ‘clothing as a tool.’” 

“At that time, there wasn’t a backpack on the market with all the features I wanted, so I decided I had to create it myself. From start to finish, this backpack took three years to complete and with its creation, I started meanswhile.”

ファッション系の大学に進学することになったが、その道を進んだ理由は洋服への情熱の前に、アウトプットの対象を絞りたいというのが本音だ。「もともとファッションが好きだったのですが、それ以上に、最初はとにかく “ものづくりをしたい "という気持ちが強かったんです。自分の知識や過去の経験とアウトドアで培ったインスピレーションをアウトプットする道を探していて、その時に興味の強かった洋服を対象に選びました。」

学校での勉強は、藤崎に衣装という新しい視点をもたらした。実用的であった衣服が、芸術的なものに見えてきたのだ。「洋服が果たす役割とは何か?目立つものを作ればいいのか?そんなことを考えました。」「ファッションの学生として、教室の外で初めてゼロから作ったのはウェディングドレスでした。」

技術的な素養とファッション的な感性を併せ持つ藤崎は、この2つの分野の相互作用に興味を抱くようになった。「この時、”道具としての服 "というコンセプトを思いついたんです。」

「当時、欲しい機能をすべて備えたバックパックが市販されていなかったので、自分で作るしかないと思ったんです。構想から完成までに3年かかり、このバックパックの誕生とともに、私はmeanswhileをスタートさせました。」



Form And Substance

In the decade since Fujisaki began that first backpack, meanswhile has blossomed into one of the most refreshing technical apparel lines in the world.

The brand (difficult to find outside of Japan and not available in North America until last season) carries a certain mystique, even among enthusiasts. A meanswhile garment isn’t just hard to get a hold of - it’s borderline paradoxical. Novel concepts take age-old shapes. Simple facades hide complex features. But no matter how intricate it may look, it is always, unquestionably, designed for function.

“My design process usually starts with the purpose of the item. For example, if it is outerwear intended for mountain climbing, I will consider what functions are necessary and go from there. Will the wearer be moving their arms around? If so, I will need a pattern that does not restrict arm movement. Will it be worn in wet conditions? If so, I will need a fabric that repels water. It’s a process of addition and subtraction based on necessity. What I deem necessary will then ultimately reflect the look of the final design.”

Similar to contemporaries like EASTLOGUE and Mountain Research, meanswhile draws inspiration from vintage military and outdoors garments, reimagining their rugged functionality for modern living. But with meanswhile, there is a restlessness - almost as if the clothes themselves demanded to look unlike any others.

フォルムとサブスタンス

藤崎が最初のバックパックを作ってから10年、meanswhileは世界で最も新鮮なテクニカルアパレルラインのひとつに花開いた。

日本国外では入手困難で、昨シーズンまで北米でも販売されていなかったこのブランドは、愛好家の間でもある種の神秘性を持っています。このブランドは、単に手に入りにくいだけでなく、逆説的である。斬新なコンセプトに加え、見た目はクラシックな形態をとっている。シンプルな外見に隠された複雑な機能。しかし、どんなに複雑に見えても、それは常に、疑いなく、機能のためにデザインされているのです。

「私のデザインプロセスは、通常、そのアイテムの目的を決めるところから始まります。例えば、登山用のアウターウェアであれば、どんな機能が必要かを考え、そこからデザインしていきます。腕をどう動かすのか?その場合、腕の動きを妨げないようなパターンを考えます。濡れた状態で着用するのか?そうであれば、水をはじく生地が必要です。必要性に応じて、足し算、引き算をしていくのです。そうして取捨選択し、最終的にデザインに反映されていきます。」

EASTLOGUEMountain Researchといった同世代のブランドと同様、meanswhileはヴィンテージのミリタリーやアウトドアウェアからインスピレーションを得て、その頑丈な機能性を現代生活に合うように再構築しています。しかし、meanswhileには落ち着きがあり、まるで服そのものが他のものとは違うことを要求しているかのようです。



The brand’s latest collection crystallizes this.

For AW21, Fujisaki inverted his typical design process by starting with vintage militaria references (the “forms”) and imagining new functions for them. He then experimented with materials and features that could bring those to life, crucially, without changing their silhouette. GORE-TEX, fleece, Thinsulate, and Toray’s ARTIROSA poly-nylon textile feature throughout. 

“I have this habit of constantly questioning why things are the way they are, why something is a particular shape or why a certain material is used,” says Fujisaki. “I don’t necessarily go out and search for these functional elements, rather I see them as a fundamental way of thinking.”

その結晶ともいえるのが、同ブランドの最新コレクションです。

AW21では、藤崎は通常のデザインプロセスを逆転させ、ヴィンテージミリタリーのリファレンス(フォルム)から、その新しい機能を想像することから始めました。そして、それらを実現するための素材や機能を、シルエットを変えることなく実験した。ゴアテックス、フリース、シンサレート、東レのポリナイロンテキスタイル「ARTIROSA(アルティローザ)」などが随所に使われています。

「常に日常から、なぜこの形なのか、なぜこの素材なのか、様々な疑問を持ち続けています。」と藤崎は言います。「機能的な要素を探し求めているのではなく、その根幹の発想の部分を日々鍛えているような感覚です。」





This season’s Loop Zip MA-1 is but one example. Bomber jackets are often worn open, then zipped tightly closed if the weather demands. Typically, this is accomplished with a central zip and a bit of tugged fabric. But on a meanswhile bomber, that simple single zip is no more. In its place: the paneled double-zip of a backcountry ski shell (and also, an additional pocket.)

How functional is a facelifted panel zip on a bomber? It depends what’s being asked of it.

“What’s important is whether the function serves the purpose it was intended to. However, I do

believe through combining different elements we can create new ways of expression. While one function may be useless in a certain situation, it may prove useful in another. Continuous trial and error is important.”

meanswhile’s latest collection is both a challenge to the traditional ethos of technical apparel design and an evolution of what makes the brand so admired in the first place. 

Function may be in the eye of the beholder. As far as beauty is concerned, meanswhile’s new ways of expression are objectively brilliant.

今シーズンのループジップMA-1はその一例です。ボンバージャケットは開いて着ることが多く、天候によってはジッパーでしっかりと閉めることができます。その際、中央のジッパーと両見頃を合わせて閉じる方法が一般的です。しかし、このボンバージャケットでは、シンプルなシングルジップはもう必要ありません。バックカントリースキー用シェルのようなパネル状のダブルジップです(ポケットも追加)。

ボンバージャケットのパネルジップはどのように機能するのでしょうか?それは、何を求められているかによります。

「重要なのは、その機能が意図された目的を果たすかどうかです。しかし、私は

異なる要素を組み合わせることで、新しい表現が生まれると信じています。ある場面では役に立たない機能でも、別の場面では役に立つかもしれない。試行錯誤を重ねることが大切です。」

meanswhileの最新コレクションは、テクニカルアパレルデザインの伝統的なエトスに対する挑戦であると同時に、そもそもこのブランドが賞賛される所以を進化させたものでもあるのです。

機能は見る人の目の中にあるのかもしれません。美しさに関して言えば、meanwhileの新しい表現方法は、客観的に見ても素晴らしいものです。

 

Leave a comment